美容コラム

いつまでも女性らしく!女性ホルモンを養おう!

美筋形成®エステティシャン服部恵のエステサロン「パールケイ」をいつもご利用いただきありがとうございます。せつぴーことパールケイ事務局の節川です。

私たち、女性が女性らしく健やかでいるために必要な女性ホルモン。


こっちのホルモンじゃない方です。

女性ホルモンを健全に保つことによって様々な良いことがあります。

そもそも、女性ホルモンとよばれるものには、大きく2種類あります。

・エストロゲン

・プロゲステロン

エストロゲンは、美しく・女性らしくいるためのホルモン。

プロゲステロンは子宮の状態に大きく関わったり、体温に影響をもたらす妊娠をもたらすためのホルモン。

と解釈するとわかりやすいです。

つまり、どちらも欠かせない大事なホルモン。

しっかりと女性ホルモンを養っていつまでも女性らしさを保ち、健康でいるために大事なことをご紹介したいと思います(^o^)/


①女性ホルモンを育てる食べ物を摂ろう♪


・大豆
言わずと知れた、大豆イソフラボン。
イソフラボンは女性ホルモンの成分にとても似ていると言われています。

・アボカド
ビタミンEが豊富で、ビタミンEはホルモンの分泌をコントロールする働きを
持っています。
イソフラボンと摂ることで相乗効果が得られます。

・アーモンド(ナッツ類)
こちらもホルモン分泌をコントロールします。また、抗酸化作用に長けているので美肌効果にも期待★

・カツオ・マグロ
ビタミンB6を多く含む魚類はエストロゲンの代謝を促し、バランスを整えてくれます。

また、だいじなのが朝食を摂ること!
自律神経の乱れは、ホルモンの成長を妨げます。自律神経を整えるためにも朝食摂取は欠かせません。

できればお味噌汁を摂れる朝食が理想的です。

注意!
逆にNGな食事も軽く触れておきます。

×化学調味料やインスタント食品

×冷たい飲食物

×油で揚げたお菓子やファストフード食品


②良質な睡眠♪




以前、睡眠についてのブログを書きましたが

http://www.pearl-k.com/archives/1004
ノンレム睡眠が良質な深い眠りということはもう有名な話だと思います。

そして、もちろん22時~深夜の2時までのシンデレラタイムと呼ばれる時間も美肌作りや積極的なホルモン調整時間として有名です。

リラクゼーション効果のある音楽やクラシックをかけて(もちろんタイマーで (^^♪)、部屋をできるだけ暗くして、良質な睡眠をとる準備をしっかりしましょう!

③ドキドキする♡


これ、結構大事みたいです(*^_^*)

結婚をしている方は、ご主人にドキドキするのが一番理想ですが、かっこいい素敵な芸能人にドキドキするのもいいのだそう♡

ドキドキして、女性としての気持ちを
常に持ち続けることが大事なんだそうです。

私の友人は、大好きな韓流タレントさんがいて常に妄想してドキドキしていますし、また別の友人はいつどこで大好きな芸能人と遭遇するかわからないから常にオシャレに気を抜かない!と努力しています。

旦那さんにいつまでも女性としてみていてほしいから、と出かける予定がなくても、しっかりとお化粧をしだらしない姿を決して見せない、という友人もいます。

実際、恋愛ドラマなどを見て、ドキドキしたり、好きな芸能人などとのデートを妄想することで、脳は恋愛していると勘違いをし、女性ホルモンであるエストロゲンの分泌が増え活発になる、という結果があるそうです!!

④ツボ押し&アロマでリラックス


ホルモンの分泌を安定させる効果のあるツボ★

・帰来(きらい)

子宮に関する臓器全ての不調に効果的。

おへそから指6本分下、左右外側へ指2本目のところ。中指を中心に指3本で息を吐きながらそっと押します。

・合谷(ごうこく)
万能のツボ・最強のツボといわれています!

親指と人差し指の間の骨と骨の間のくぼみ。つけ根。

・壇中(だんちゅう)
女性ホルモンの働きを促してくれるツボ。バストアップにも!

左右の乳首を結んだちょうど真ん中。
ちょっと押さえて、少し痛みを感じるところ。

セルフツボ押しに!アロマの香りも抜群♪
http://www.hattori-store.com/?pid=93892799

そして何より、なるべくストレスを減らし、リラックスした気持ちを保つことです!

女性ホルモンのための素敵な商品も入荷しましたので、そちらは改めてご紹介いたします♥

女性ホルモンをしっかり養い、いつまでも女性らしくいたいせつぴーこと、節川でした♪

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る