美容コラム

「THE VEGAS」専用美容液

美筋形成®エステティシャン服部恵のエステサロン「パールケイ」をいつもご利用いただきありがとうございます。せつぴーことパールケイ事務局の節川です。

まだまだ人気の勢いが止まらない
『THE VEGAS(ザ ベガス)』ですが、

こちらには、専用美容液が存在しております。

その名も
『PE THE VEGAS(ピーイー・ザ ベガス)』!

とっても優秀で、私たち女性の美肌の、強い味方になってくれる美顔器機。その美顔器は、その仕様に合った化粧品を使うのが、一番効果が出ます!!

なぜなら、「お肌の奥に届ける」「お顔を引き締める」などなど、普通の美容液などと違い、【美顔器が一番効果を発揮できる】ように、作られている!らしいのです!!!

現在、ベガスの会社様で作られているのがPEシリーズ

・PE THE QUEEN(ピーイー・ザ クイーン)
・PE THE BODY(ピーイー・ザ ボディ)
・PE THE DAY(ピーイー・ザ デイ)
・PE THE VEGAS(ピーイー・ザ ベガス)

と豊富なラインナップで、目的に合った美容液を選ぶことが出来ます。
今回はその中でも、特にオススメの

・PE THE QUEEN(ピーイー・ザ クイーン)

・PE THE VEGAS(ピーイー・ザ ベガス)

を詳しくご紹介させていただきます。


「PE THE QUEEN(ピーイー・ザ クイーン)」
厳選された、お肌の欲している美容成分をギュッと配合してくれています。

エイジングケアとして…
・EGF(細胞再生因子)
・FGF
・IGF
・TGF
・TRX


以上5つは、成分表記ではいわゆる『ヒトオリゴペプチド』と示されているもので、美肌成分として欠かせないスター選手たちです(^^♪

保湿成分として…
・プロテオグリカン
・スーパーヒアルロン酸(通常のヒアルロン酸より高い保湿力)
・ゆずセラミド
・黒真珠エキス

また、最近美容業界で注目のビタミンCの172倍の抗酸化力を持つと言われているフラーレン。

…などなど、他にもたくさんの美肌有効成分がふんだんに使用されています。

そしてなんといっても嬉しいのが、合成香料、合成着色料、防腐剤フリー! だからこそ、成分をお肌の奥まで届ける美顔器にも安心して使用できるということですね!
「PE THE VEGAS(ピーイー・ザ ベガス)」
こちらは、その名の通り、THE VEGASを使用するために作られた美容液です。

なんといっても特徴は、5種類の幹細胞エキスが入っているということ。
その配合されている5種の幹細胞が…

●グロブラリア幹細胞エキス

エイジングケア、肌のハリ不足ケア

●リンゴ幹細胞エキス

エイジングケア、表皮の幹細胞ケア


●アルガン幹細胞エキス

エイジングケア、幹細胞の活性化


アルペンローゼ幹細胞エキス

外的刺激によるストレスから細胞を守る

●ブドウ幹細胞エキス

外的刺激によるストレスから皮膚の幹細胞を保護

上記のような植物幹細胞は、特に枝や葉を切っても、成長と再生を繰り返す
植物の幹細胞を利用したもので、効果が期待できると世界でも注目されています。

もちろん、「PE THE QUEEN」と同様の高保湿成分も配合。

また、ハリ不足ケアにプラセンタエキス、高抗酸化力を持つフラーレン
ブライトニングとしてαーアルブチンも配合。

これ、一本にギュギュっと美容成分を詰め込んでおります!!

そして、こちらも安心のオイル・パラベン・合成香料・合成着色料・アルコール・鉱物油・石油系界面活性剤・合成酸化防止剤・紫外線吸収剤
全てフリー!!!

美顔器で使用しても安心・安全♪

せっかく、いい美顔器を使っても、その際に使用する美容液が良くないと効果が激減します。

(ちなみに、こちらの美顔器だけではなく、他の美顔器なども、他社の化粧品を使用しての故障などは、保証されない場合が多いです。注意です!)

それどころか、塗布成分をお肌の奥まで届けてくれる美顔器が逆に良くない成分を届けることになってしまうかもしれません。

それでは、あまりに美顔器が可哀そう過ぎる!

せっかく、綺麗になるために美顔器を使用するのですから、使う美容液もお肌に良い、安心のもので効果を最大限に発揮させたいですよね\(^o^)/

こちらの美容液たちは、美顔器を使用しない方にももちろん、ご使用頂けます。

むしろ、良い成分ばかりなので、デイリー使いしたいものです。

美容機器をご使用になる方も、そうでない美肌をめざしている方も、美容液にこだわってみるのもオススメです。

気になる商品のチェックはコチラ★
http://www.hattori-store.com/

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る